膝サポーターの選び方 人気の膝ベルトのご説明::ATファミリー株式会社
ATファミリー株式会社
news おすすめ
 

膝サポーターの選び方

『膝サポーター』には、大きく分けて2種類あります。
@保温する膝サポーター    A固定する膝サポーター

@保温する膝サポーター:毛糸や保温アクリル糸などを使用し、軽くて伸縮性を持った製品が好まれます。

また、遠赤外線効果や断熱、吸水速乾、消臭効果のある優れた製品も増えてきています。
寒い季節やクーラーの効いた部屋でのデスクワーク時に使用すると効果的です。
靴の中敷き(消臭インソール)や、靴下(消臭ソックス)でメディアでも評判の『ブリーズブロンズ』からも、このタイプの膝サポーターが販売されています。

リンク先 ⇒ http://item.rakuten.co.jp/kaiteki-shop/bb-support-hiza/


A固定する膝サポーター:歩いたり軽い運動をする場合は、固定できる膝サポーターが良いでしょう。

ご自分の膝周りに合わせて、サイズの調整ができる膝サポーターが望ましいです。
膝サポーターは、弱った筋肉が強くなるまでの間、膝への負担を軽減し、日常の活動を補助するものです。

固定する膝サポーターは、ご自宅等で、じっとされている時は、外しておきましょう。
また、足上げ運動等で筋肉が強くなれば、次第に膝サポーターは不要になるでしょう。

中年以降になると、筋力も少しづつ低下するので、効果的で使いやすい膝サポーターを上手に選ぶことが大切になります。
最近、膝の名医 戸田佳孝先生が『ホンマでっか!?TV』にご出演になり、実際に膝サポーター《かるがる膝ベルト》を説明されていました。
その時の膝サポーターは、なんと膝の名医 戸田佳孝先生が自ら考案し、医療専門メーカーと共同開発された商品でした。

リンク先 ⇒ http://item.rakuten.co.jp/kaiteki-shop/hiza-book/

サポーター 膝、膝の名医 戸田佳孝先生が自ら考案



約100年の歴史を誇る医療専門メーカーと膝専門の整形外科医が共同開発した膝ベルト ISO9001認証取得をした自社工場(フィリピン)で製造 全国多数の医療機関でご使用、処方していただいている信頼の商品 医学的根拠に基づいて製造 シンプルで機能的なデザイン 丈の短いバンドの方が継続使用率が高いため(実験結果に基づく)、短くしました。 治療や病院、病気を連想しない様、快適スポーティな黒色 簡単に装着ができる構造で長く使用していただけます。(簡単装着なのにラッピング効果で横ブレしにくい。) 伸縮素材を使用しており、フィット感が得られます。 表面全面が面ファスナーで留められ、サイズの微調整が可能です。 Z型ベルト 今までにないZ型ベルト!! 膝を左右から巻き込み装着することにより、横ブレを抑制します。(ラッピング効果) 年齢の変化で膝が痛くなると、転倒しやすくなり、ひどい場合には骨折することもあります。体の横ゆれ(重心動揺)を防ぐためには、膝の周りをベルトで締めると効果的です。私は重心動揺を防ぐことで多くの患者様を治療しています。このような考えで実際に治療に使い効果があったのが、『かるがる膝ベルト』です。 膝サポーターは沢山の種類があり、どれを選んでよいかわからないという声をよく耳にします。『かるがる膝ベルト』は多くの専門雑誌で発表されたデータに裏付けられた、医学的根拠のある商品です。 ○膝サポーター何故必要か? 膝の痛みを抱えている人は、重心動揺性が高い(体のバランス保持がうまくできなくなっている)と いうことが分かっています。 重心動揺性とは、立っている時に体の重心がどのくらい動いているかを診るものです。この数値 が大きいほど膝に悩みを抱えている人が多くなっています。 膝サポーターはこの『重心動揺性』をいかに少なくするかで効果が変わります。 ○『かるがる膝ベルト』は、重心動揺抑性を高めた膝ベルトです。 装着しやすいオープンタイプで膝を上下方向から固定するラッピング効果により膝の左右の重心 動揺を効果的に抑制します。 ○両膝装着をおススメします 重心動揺抑性をすることは、体のバランス保持をうまく行うということです。 『かるがる膝ベルト』は膝のぐらつきを抑制することで、体のバランスを整えます。そのため、痛めている側の膝のみでなく、両膝への装着をすることで、より効果的なバランス保持を行えます。左右兼用ですので、両膝にお使いいただけます。 ○いつでも、どこでも装着でき、長期間継続して使用できる。それが重要です。 膝サポーターは、どんなに固定力があっても、いつでも、どこでも装着できなければ効果が発揮されません。 『かるがる膝ベルト』は簡単に装着でき、さらに適度な固定で、日常生活動作には支障をきたしませんので、継続して使用しやすく、膝の負担軽減に対する効果を上げることが期待できます。 全国で多数の医療機関でご使用・処方していただいている信頼の商品です!! 医療法人貴晶会 戸田整形外科リウマチ科クリニック理事長兼院長 戸田佳孝(とだよしたか)先生 変形性膝関節症に関する新型足底板の研究で、 開業医として史上初となる日本整形外科学会奨励賞を受賞。 略歴 平成4年3月 関西医科大学整形外科大学院卒業、医学博士号取得 平成4年〜10年 関西医科大学整形外科学教室助手 平成9年3月〜同年8月 米国タフツ大学付属米国農業省立老年医療栄養学研究所 招聘研究員 平成10年5月〜現在 戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 平成10年10月〜13年3月 関西医科大学整形外科学教室非常勤講師 主なマスコミ関係での活動 平成15年9月7日フジテレビ「発掘あるある大辞典」 平成17年1月26日日本テレビ「みのもんたのおもいッきりテレビ」 6月20日日本テレビ「みのもんたのおもいッきりテレビ」 平成18年1月20日日本テレビ「みのもんたのおもいッきりテレビ」 平成19年NHK出版別冊「きょうの健康―ひざの痛み」27-50頁 平成22年女性自身2月2日号膝の名医のいる病院一覧83頁 平成24年12月12日フジテレビ「ホンマでっか!?TV」 ほんまでっか ホンマデッカ ホンマデっか 番組内容:知らぬは危険冬の習慣!風邪を予測&受験勉強の効率UP&法ひざの治療3つの誤解

ありがとうございます!楽天ランキング第1位受賞!!


医療機関での販売実績は10万枚!
Z型ベルト 特許出願中

膝の名医が考案!医療専門メーカーと共同開発した膝サポーター! どこでも簡単に装着!


皆様のお役に立てる 膝ベルト
膝の痛みは、毎日辛いですよね!
かるがつ膝ベルトの特徴1
戸田整形外科リウマチ科クリニック院長 戸田佳孝先生


かうがる膝ベルトの特徴2 Z型ベルト
安定しやすいZ型
上下のベルトで逆方からぐるっと巻き込み固定するZ型のベルトです。


装着例


Detail
膝の名医が考案!医療専門メーカーと共同開発した膝サポーター! どこでも簡単に装着!
商品詳細
商品名 かるがる膝ベルト(2枚セット)
洗濯方法
・水の温度は30℃を限度とし、弱く手洗いをしてください。(洗濯機の使用
  は避けてください。)
・洗剤は中性洗剤をご使用ください。
・面ファスナーは閉じた状態で洗濯してください。
・塩素系漂白剤等による漂泊はできません。
・アイロン、ドライクリーニングのご使用は避けてください。
・日陰でつり干しをしてください。
コメント
・膝関節固定以外の用途には使用しないでください。
・本品は膝関節の保護、安静保持を目的としていますが、
  ご使用状況やご使用者の健康状態によって、必ずしも完全に保護
  できるわけではありません。
・使用中に異常を感じた場合は、使用を中断し医師にご相談してください。
・面ファスナーを着衣に引っかけないようご注意ください。
カラー ブラック・ベージュ
サイズ M(34〜42cm)/L(42〜50cm)
※膝中心から上に10cmの周囲径
素材 本体・・・ナイロン/ポリエステル/
      ポリウレタン
樹脂ボーン・・・ポリエステル
重量 1枚 約70g




かるがる膝ベルト 着用Q&A



お客様の声 喜びの声 届いています。


ありがとうございます!楽天ランキング第1位受賞!!

どこでも簡単に装着!
膝の名医が考案!医療専門メーカーと共同開発した膝サポーター! どこでも簡単に装着!
膝の名医が考案!医療専門メーカーと共同開発した膝サポーター! どこでも簡単に装着!



店長オススメ
美足美人 ブリーズブロンズ 着圧ソックス
美足美人 ブリーズブロンズ 着圧ソックス



ご購入はネットショップ オーロラのほか、【楽天】快適グッズショップ、お電話でもお買い求めいただけます。